CMARC®

テレビCMにおけるアクチャルのリーチ状況に応じてデジタル上でターゲットリーチ補完を可能にする
配信システム

テレビCM視聴データをほぼリアルタイムで取り込み、実際にターゲットに届いているかを把握します。
その状況に応じてデジタル広告で補完すべきかをタイムリーに判断し、ターゲットへの広告配信を可能とする世界初の広告配信システムです。

詳細につきましてはこちらをご覧ください。

特許

テレビCMとデジタル広告の統合管理および広告配信に関する特許取得のお知らせ
株式会社デジタルインテリジェンス(本社:東京都渋谷区、代表取締役:横山隆治、以下DI.)では、テレビCMとデジタル広告の統合管理に関する広告配信システムおよび方法、並びにプログラムに関する特許を取得しましたのでお知らせ致します。この特許取得により、テレビ視聴データを元に特定テレビCMの到達実態を測定または測定しながら、ターゲットリーチをデジタル広告配信によって補完するシステムに関しては、DI.が独占的な実施権を有することになります。


DI.が取得した本特許は、従来、テレビCMとデジタル広告とが個々にプランニング、出稿および計測されてきたものを統合的に運用管理し、広告主が設定する到達目標を適切に達成させることを支援する目的で開発されました。既にその一部を「CMARC」(シーマーク、以下CMARC)として、DI.の一部契約広告主にサービス提供も開始しておりますが、この度、その独自性が特許庁に認められることとなりました。

導入フロー

当社では、広告主が展開するテレビCMキャンペーンにおけるリーチ分析や予測補完に必要となるデジタル広告の配信設計・運用・検証を一連のプロセスとして実施します。


レポート例

TVCMの予測と着地状況 到達率ベース

棒グラフはTVCM放映時のアクチャルTARP推移を表しています。
緑の実線はシミュレーション値、その上下にある各色の点線はプラスとマイナスの予測範囲を表しています
黄緑の曲線が今回の実測の到達率を表しています。

統合リーチ結果推移

青の点の曲線は実際にTVCMに接触したターゲットリーチ到達推移を表しており、橙の点の曲線はデジタル広告(DSP)に接触したターゲットリーチ到達推移を表しています。
黄色の実線はTVCMとデジタル広告を統合したターゲットリーチ到達推移を表しています。

統合リーチとFQ3回以上接触者推移

黄色の実線は統合ターゲットリーチ到達推移を表しており、青の実線はターゲットのうち3回以上の広告接触をしているターゲットリーチ到達推移を表しています。

統合リーチ到達への追加TVCMコストシミュレーション

デジタル広告を使わずに、TVCMのみで統合リーチ到達率に到達させるには追加でどれくらいの費用が必要となるか、実際の配信結果から近似式を作成したシミュレーションを表しています。


事例紹介