日経クロストレンドで連載スタート!

日経クロストレンド(日経BP社)において、SAS(スマート・アド・セールス)に関する連載『「SAS」はテレビCMの救世主になれるか』がスタートしました。

第1回は、「テレビCMを欲しい分だけ自由に購入 SASがもたらす変革とは」と題し、タイム(番組提供)やスポット(GRP買い)に続くテレビCMバイイングの第3の選択肢である「SAS」の概要をご紹介をしています。 [...] click here to   read more

プログラマティカのMBOに関するお知らせ

株式会社プログラマティカ(本社:東京都渋谷区 代表取締役:楳田良輝)は、本日2020年9月17日付で創業者&代表取締役である楳田良輝が、株式会社デジタルインテリジェンス(本社:東京都渋谷区 代表取締役:戸村恵太)の保有する株式の全て、および共同創業者である横山隆治氏(現:プログラマティカ取締役)の保有する株式の大部分を取得し、マネジメントバイアウト(MBO)*が完了したことをお知らせいたします。
*MBO:Management Buyout(経営陣買収)

株式会社プログラマティカは、2013年10月東京・恵比寿にて創業。広告主のマーケティング戦略へのコンサルティング、それらと連携するメディアプランと広告運用、分析・評価などを主な事業としてスタートしました。これまで培ってきた独自のナレッジやノウハウはデジタル広告の領域だけにはとどまらず、近年進化をし始めたテレビ視聴データを活用したセカンドオピニオン・コンサルティング、さらにSAS(スマート・アド・セールス)などのテレビCMの領域でも生かされています。 [...] click here to   read more

JAA様「電波委員会セミナー」に登壇

2020年2月12日(水)に開催される日本アドバタイザーズ協会様(JAA)の電波委員会主催セミナーに代表取締役社長(DI.取締役社長)の楳田良輝が登壇します。登壇テーマは、2月3日からスタートした「SAS*(スマート アド セールス)について」です。

SASは、欲しいモノを、欲しい時に、欲しい分だけ買うことができるテレビCMの新たな枠単価セールスで、海外では「チェリーピッキング(いいとこ獲り)」などと呼ばれることもあります。タイム、スポットに続く『テレビCMの第三の選択肢』として、今後さらに注目が高まっていくことでしょう。当日は、広告主視点でのSASを活用していきたい理由、その活用方法などを解説していきます。 [...] click here to   read more

GALAC 2020年3月号特集「劇変!視聴率 変革!広告ビジネス」へ寄稿

「GALAC」(放送批評懇談会)の2020年3月号の特集「劇変!視聴率 変革!広告ビジネス」に寄稿しました。本号は、テレビ視聴データに関するとても有用な最新情報特集となっておりますので、ぜひご一読ください。

『GALAC 2020年3月号』

(2020年2月6日発売)

◆表紙とグラビア [...] click here to   read more